3度目の緊急事態宣言。

増々猛威を振るうコロナウイルス。

毎日何百人規模で感染者が出ていますが、本当に驚く限りです。

 

「周りに居ます?」

コロナウイルスの話の際に皆が必ず問いかける言葉です。

 

家族や友達、親類等の身近に感染者が居ないだけに実感がわいてきません。

テニスの練習会や試合で、たまに「濃厚接触者の疑いがあるので」と欠席される方はしばしばお目にかかります。

でも、ほぼほぼ陰性とのご報告が。

 

こんなご時世にテニスではしゃいでいて良いのかと思ったりもしますが

逆にテニスを趣味に持っていて良かったとも思います。

テニスでストレスを発散出来てなかったら、絶対に家飲みでアルコール漬けだったでしょう。

 

ゴールデンウィークを焦点に、4月29日から発令されるであろう緊急事態宣言。

果たして市営コートは閉鎖になるのでしょうか?

そうなるとテニス難民が民営コートに殺到します。

場合によっては、適当な壁を求めて彷徨う人も。

 

「不要不急の外出」とは。

本来は観光や飲食ばかりとは限らないのでしょうが。

 

くれぐれも「身近の感染者」にならないように。