パンくずにおびき寄せられる小鳥の如く。

所用から事務所に帰る道中。

ふと、白いエプロンを着て小さな籠をもった女性が私の視界に映り込む。

 

「美味しいパンの試食は如何ですか!」

女性が持っている籠の中には、細かく刻んだ食パンが。

 

手に取って口にしたら最後、絶対に言ってしまうだろう。

「美味しいですね」

そして、商品の説明を受けながら言ってしまうのです。

「じゃ~、ひとつもらいましょうか」

 

そんな結末が簡単に想定が出来たので、差し出された食パンを受け取ることなく・・・・、自ら店内に入って行きました。

「お勧めはどれですか」

 

おびき寄せられたのではなく、私は自らの意思で食パンを買ったのだというお話。

 

追伸

こちらの食パン、とても美味しかったです。

プレミアムはトースト、セレクトはサンドイッチとして食するのがお勧めです。