春うらら。

この数日で少しずつ暖かくなってきたような気がします。

聞くところによると、ここホテル敷地内は桜で満開となるそう。

今からとても楽しみです。

 

ところで、「春」や「桜」とくれば連想されるのが「卒業」であり「入学」。

視点を変えれば、「お別れ」や「出会い」でしょうか。

多感な少年少女や若者にとっては、とてもセンチな時期かな。

 

しかし、私のような子供も巣立ったオヤジ達にとっては、この時期は「移動」やら「退職」と、なにやら少し意味合いの違うセンチな「年度末」。

人生いろいろで、春の感じ方もいろいろかと。

 

そんな中、誰もが陽気に向かう先には「お花見」が定説。

ロマンチックに夜桜を楽しむカップルやご夫婦。

桜道の通り抜けを楽しむご家族。

ブルーシートを敷いて酒盛りを楽しむ若者やサラリーマン。

 

どれもが今や日本の風物詩。

とりあえず、私はブルーシート派です。