百年に一人の逸材。

「錦織圭は百年に一人の逸材だ」という事を、テニス解説者がよく口にする。

これは錦織圭の凄さを象徴する代名詞となり、日本テニス界にとって奇跡の様に語られる。

 

だけど、裏を返せば錦織圭に続く選手は、あと百年後にしか現れないという事?

すでに西岡や太郎は「not of 眼中」。

 

今、頑張っているジュニア達も、まったくもって期待されていないのか。

「錦織圭を目指して頑張れ!」と言いながらも、心の片隅では「夢の夢」と思っているのか。

 

それならば本来は、「錦織圭を目指すなんかは百年早い! 君たちはダニエル太郎を目指せ!」となるのだろうか。

 

言わんとすることは理解出来るけど、なんか釈然としない「○○年に一人の逸材」表現。

 せめて次世代に期待を持たせるようなメッセージが欲しいな。

 

「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない!」

※昭和時代の名言(by 谷村新司)