ターニングポイントは三本。

毛利元就の「三本の矢」ならぬ、「三本のラケット」のお話。

 

矢一本なら一人の力で折ることができるが、三本となった時はなかなか折れない。

このように三人が力を合わせなければいけないと説いたが。

 

ラケット一本しか持っていなかった時は、二本目を買うのにも

妻の許可を得るために、あれこれ言い訳を考えながら苦労して購入したが

三本となった時には、黙って買い足してもなかなかばれない。

このように数が増えれば、新たに増えても気付かなくなると説く。

 

目下、試打サービス利用中。