テニスの後に舟をこぐ。

初章 無心

この時期、寒さで身体も凍てつく様な夜のレッスン。

レッスンが始まれば、約1時間半の間は寒さも忘れて無心に球を追う。

 

第二章 代償

夏場と比べれば疲労度具合は少なく、ばてる事もないが

無心の間に、冷たい空気で身体が冷え込み、腰や関節等の痛みを覚える。

 

第三章 欲望

レッスン終了後、家路を急ぐ。

汗だくの身体をシャワーで洗い流したいと言うものではなく

冷えた足腰をじっくり温めたいと言う欲望に。

 

第四章 至福

温かいお風呂に浸かり、今日のレッスンの反省少々。

あとは30分ほどの読書に耽る至福の時間。

 

終章 覚醒

心身ともにリラックスすると、やってくるのが夢心地。

頭のこっくりと同時に本を持った手も湯船の中に。