疲労完敗。

屋外コートを避けても・・・。

無風状態の晴れた日の屋内コートはサウナの様。

ベンチに座っているだけで額から汗がしたたり落ちる。

 

小まめな水分補給を怠るとジワジワと疲労が襲ってきます。

喉の渇きを感じた時にはすでに遅しと聞きます。

慌ててがぶ飲みしても、一時的に喉は潤っても疲労は軽減されることはない。

 

もうそうなると、試合どころでは無いですよね。

「勝ちたい」という欲求よりも、「休みたい」という欲求が脳を支配し始める。

 

そこで、少しでも抵抗することで、「楽して勝とう」という妥協案が脳内で話し合われる。

それが単調なテニスになってしまうんですよね。