フルーツの盛り合わせ。

毎週土曜日は、9時から13時までシングルスオフ会を開催。

 

5月下旬にもなってくると、日差しも強く体力的にも厳しくなってきます。

今日も自宅に戻ったら、妻に買い物が無いのを確認し自分の中のルーティーン。

 

身も心もリフレッシュの入浴、風呂上がりのビール、柿の種とチーズをつまみにワイン。

そして最後は、バナナとバーボン。

 

鼻につくバナナの香りで、ふと思い出しました。

30歳代の頃、よく通っていたスナックのチーママやラウンジの女子大生達の事を。

何かと言えば、「フルーツの盛り合わせを頼んでも良いですか?」

 

あれから20数年、皆さん元気で頑張ってるのかな。

 

私の偏見。

テニスコートには色々な人達がおられます。

 

プロや学生さんとの接点が無いので

彼達に関してはテレビや動画を通じてしかお目に掛かれないので

テニスプレーしか知る由が無いというか興味はそこまで。

 

同じように、週末にテニスを楽しむ方々とはテニスを通じて

個性に触れ感じるところが大いにあります。

 

総体的に言える事

中途半端に上手い方には鼻につく人が多い。

正確に言うと、鼻につく奴は中途半端に上手いレベル。

テニスコート上での威風堂々は問題ないけど

コート外でも、人を見下した態度や発言をされると「何様?」と思ってしまう。

 

でも、めっちゃ上手い方は、コート外ではとても謙虚であり紳士です。

※諸説あり

 

上手な方に負けても憧れと清々しさが残るけど

中途半端な方に負けると悔しさだけが残ります。

 

たかが週末テニスぐらいは

気持ち良く楽しみたいよね。

 

 

 

人も呆れるお年頃。

人生の折り返し地点を当に過ぎたであろう59歳。

日々、腰痛関節痛を抱えながらもテニスを楽しんでいます。

 

妻には「健康のためにテニス」は禁句です。

足腰にベタベタ張っているシップは、あくまでも予防対策。

決して筋肉が炎症を起こしているとは発言してはいけません。

 

健康的な長生きの秘訣は「身体を動かしストレスを溜めないこと」と提唱すると

「物には程がある。年を考えて程々に」と揶揄される。

 

大丈夫です。

貴方が思うよりケンコ~です!