組み込まれている使命。

妻に言いそびれていた早朝テニス。

 

まだ家族が寝静まっている早朝6時半。

そっと自宅を抜け出してテニスコートに向かう。

 

車を3キロほど走らせたところでLINE報告。

「急遽、自主練に行ってきます!」※前々から企んでおりましたが。

「11時までには戻ってきます」

 

9時ごろに起床してLINEに気付くだろうと高をくくっていたところ

5分後に予期せぬ妻からの返事が!!

 

妻「え~、朝食当番なのに!」

私「あっ、起こしてしまいましたか」※動揺を隠そうとしてます。

 

既読のまま、この後の返しがまったく無いのが一番こわい。

帰りの足取りが非常に重かった。

 

 

悔しさをバネにしない。

悔しい出来事があると、ついついそれを引きずって眠れなくなる。

 

若かりし頃は、私もそうだった。

結構毎日をカリカリ生きていた。

 

でも、今は「悔しい出来事」は、寝床につく前までに忘れるように心掛けている。

忘れてしまえば、クヨクヨすることもなくストレスも溜まらない。

 

テニスの試合で惨敗すると、自分の情けなさに落ち込み

惜敗すると「たられば」で後悔の念。

 

これが続くと人は打たれ強くとなるという事もあるのだろうけど。

私は出来るだけ忘れるように心掛けている。

 

なので上達しないのかも。