雨(漏り)にも負けず。

普段は絶対に打たないであろう位置からのサーブ練習。

 

試合や練習会を主催する者にとっての宿命は、開始1時間前には必ずコートに到着し準備する事。

 

雨が降った日も、もしもの場合に備えて、コート上から雨天中止のご案内。

 

雨で中止を宣言した後のコート上に一人たたずむ虚しさと寂しさ・・・、いやいやめげません。

 

半面開放屋内コートに降り注がれる雨の中、ひとり優雅にサーブ練習で汗を流します。

 

若干人恋しいけど。

私のサーシャ。

同じようなレベルの相手に勝てない。

サーブが入るようになってきても一向にサービスキープが容易に出来ない。

攻め方を工夫しても一向に勝ちパターンが見えてこない。

 

「勝てない相手ではないのに・・・」

「打ち勝っているのに・・・」

「サーブも結構決まってたのに・・・」

 

ここは慎重にと思ったところから崩れてくる。

きっと、試合中の心の動揺や迷いを自分でコントロール出来ていないのよね。

 

「求む! 私のサーシャ」

 

 

ちょっとセンチメンタルな件。

 「お〜、お久しぶりです!テニスやってたの

試合会場で久し振りにお会いした女性とのご挨拶。

 

体力も落ちてきて、ちょっとテニスから遠のいていたとか。

 

普段当たり前のようにテニスコートで顔を合わせるお馴染みさんも、テニスを辞めてしまうと、全くの音信不通になる現実の儚さ。

最悪、もしも顔馴染みさんがお亡くなりになっても知る由もなく、風の噂で聞いても心の中で手を合わせるのが関の山なのかも。

 

そんな会話をやり取りし、ならば、体力が許す限りテニスを楽しみましょうと互いを激励。

 

同じ時代を生きる男女老いも若きもが、テニスを通じて時間を共有出来る事に感謝です。