負け癖とカモ。

約2年間、シングルス大会で負け続けてます。

 

勝ちたいという欲望は日に日に増すも

試合では勝てるという自信が日に日に減少モード。

 

先行されると「やっぱり厳しいな~」

先行すると「いやいや、どこかでひっくり返されるぞ~」

もう誰にも勝てません。

勝てる気がしない。

 

私のレベルなんかでは、「スランプ」という言葉は存在しません。

しかし、「負け癖」に陥っているのは確かカモ。

 

疑惑の眼。

「独身ですよね」

週三でテニスを楽しんでいる私に投げかけられたお言葉。
冗談かと思いきや、彼女の至って真面目な眼差しに驚く。


投げかけられた言葉に引きずり笑いをしながらも一瞬に自問自答。

「え、チャラい遊び人風に見えてるの?」
「結婚出来るようなタイプに見えない!」
「男としての魅力がない?」
「大人としての風格がない?」

「その言葉の真意は?」

 


毎週末、テニスコートに居てる者は
少なからず何がしらの疑惑の眼で見られてます。
間違いない。

一字加えて「たのもしい」。

対戦相手やテニス仲間に対する印象を例えるならば

強いか弱いか、上手いか下手か、ストローカーかボレーヤーか、フラット系かスピン系か。

そんなプレイスタイルで表現する。

 

自分はどうなんだろうか?

他人様からどう見られているのか。

自分自身はどうありたいとおもっているのか。

もしくは、何がベストなのか。

 

総じて、スキルやプレイスタイルの一般的評価や方向性の話。

 

しかし、最近ダブルスをやるようになって「どう思われているか」を意識する事がある。

と言うか、以前は意識したくなかったので取り組んでこなかったダブルス。

まずは組んでもらえるペアからの評価が気になります。

 

大抵言われるのが「一緒にやってて、たのしい」。

 

「も」も加えてもらえるように日々精進です。