右がダメなら左があるさ。

「今日は左でも良いですか? キャリア3か月です」

 

夏場以来、久し振りにテニスコートでお会いした方が、申し訳なさげに言葉をかけてきた。

事情をお聞きすると、利き手である右肘を痛めて完治するまで1年程度掛かると医師に言われ

ならば、その間は左でラケットを握ろうと決意したとの事。

 

本来は草トーナメントではA級を活躍の場にし、JOPベテランにも参戦されるレベルの持ち主。

そんなお方のサウスポーサーブが、右利きが左手でボールを投げるようなぎこちないフォーム。

もちろん、球筋も穏やかな山ボール。

 

ここは同情するところでしょうが

正直者の私は「当面はカモですね」と大笑い。

※時に人は、私の事を薄情者と呼びますが、情よりも笑いを優先するのが信条。

 

これまでの彼は、コート内では真剣そのものの常に真顔と言うか自分に厳しいタイプ。

一つ一つのプレイに対して、時には自己反省し、時にはフォームの確認をし、時には相手を称える寡黙なタイプ。

対戦するにあたり、練習相手としても満足頂けるようにと気が抜けない。

 

そんな彼が、テニスコートで満面の笑みを浮かべてテニスを楽しんでおられる。

自分の不甲斐なさを自虐で笑い、私の小馬鹿にしたヤジにも笑いで返してくる。

右利きの彼よりも、左利きの彼の方が愛嬌があって微笑ましく感じる。

と言うか、本当にテニスが出来る喜びをかみしめているかの様。

 

当面は、私が主催するオフ会をリハビリの場として活用するらしい。

そう、彼にとっても私をカモと捉えてるのよ。

お互いカモ同士がネギしか持ってこないって・・・。

 

 

来年から、右手が使えない救済処置として、初級クラスの試合に参戦する彼が、どう成長していくのかが楽しみです。

珍プレイを大いに笑ってやりたいと思う。

 

 

追記

試合に出たくても出れない彼の現状を憂い、新日本スポーツ連盟兵庫テニス協議会に、救済処置として本来出れないランク下の試合に、左手でのエントリー許可を申請し承認を得た。

これを機に、同じような状況にある方にも救済処置を設ける事になった。

えっ、そうです。自慢です。

戦い方改革。

全然試合に勝てない → 「実力不足」

 

実力不足を解消するには・・・・

「試合回数を増やす」「練習環境の向上」「モチベーションの向上」

 

「戦い方改革」3つの柱

・行き当たりばったり戦略の是正

・すぐにふらつく体力不足の解消

・多様な戦い方の実現

 

戦い方改革で変わること

(1)初戦相手がシード選手待遇改善
(2)計画性無き行き当たりばったり戦略の是正
(3)対戦相手に警戒心を抱かすプレッシャーづくり
(4)ダイバーシティの推進
(5)ランキング引き上げとモチベーション向上
(6)好感度アップと人脈形成
(7)「神戸のフェデラー」と呼ばれる

 

なお、「戦い方改革」は2020年3月から施行されます。