ブログカテゴリ:2016年10月



31日 10月 2016
トング片手にピースサイン。 普段はラケットを握っているところしかお見かけしない久田コーチ。 朝から、コート横でいそいそと炭火を焚いてバーベキューの段取りです。 なんと微笑ましい光景(笑) 先日お客様のご要望で開催した「練習会&バーベキュー」企画が好評で、それを見てた生徒達からの要請とか。...
28日 10月 2016
ガットの張替え時期って難しい。 自分に合ったガットの選択や張るテンション数値等も含めて、張替えるタイミングや劣化の見極めがチンプンカンプン。 とあるスクールに通ってた時は、3か月に1回の割合でガット張替えキャンペーンがあった。 これは安易に「3か月に1回はガットを張替えましょう」というスクール側の押し売り。...
26日 10月 2016
テニス専門雑誌の発売日を、何気に楽しみにしている週末テニスプレイヤー。 帰宅途中や仕事の移動中の合間に本屋を探してご購入。 しかし、これが結構スムーズにいきません。 発行日を過ぎると売り切れの店舗が多く、そこそこ大きな書店でないと確保出来ません。 もともと2~3冊しか置いてないのかと思うほど。...
22日 10月 2016
そして、今回が2回目となる因縁の対戦。 テニスを40歳から始めたという「67歳のオヤジ」と、淡路島からやって来る「30歳前後の若者」の、とてもミスマッチのような対戦の再現です。 会場で、それぞれ二人を見つけるやいなや、ご挨拶と共に興味深い一戦のネタフリ。 「今日は、またあの方と当たりますね! とても楽しみにしてますよ」 67歳のオヤジ曰く...
21日 10月 2016
対する「30歳前後の若者」は、若者にありがちなイケイケのハードヒッターのストローカー。 そつなくスライスも熟すし、見るからに学生時代にしっかり基本を身に着けた感じです。 風貌はちょっとやんちゃな雰囲気を醸し出すも、プレイは至って寡黙。喜びも悔しさも内に秘めるタイプかな。 でも、気分に左右されやすいところは、見ててもわかり易い感情型。...
20日 10月 2016
先日、とある草トーナメント大会での出来事。 草トーナメントには、思い思いにテニスを楽しんでおられる老若男女が集います。 学生のちょっとした腕試しから、社会人の運動会的なノリ、競う喜びにはまり込んだ等々。...
18日 10月 2016
前衛ポジションの醍醐味はラリーポーチにストレートアタックの捕捉。 「あっ、甘い球だ!」っと気付くも、ボールの通り過ぎるのを「ごめん」と見送ってしまう。 「あっ、来た!」っと身構えるも、ボールはこちらに向かってくるのが見えるのに、手が出ずそのまま胸で受け止める。...
11日 10月 2016
まったく気付きませんでした。 屋内コート内の片隅に鳥の巣が! しかも、地面から約1メートルほどの高さに作られていて、子供でも見下ろせるほどの場所に。 すでに巣立った抜け殻の巣の持ち主は誰だったのか?  雨風がしのげてさぞかし過ごしやすい住居だったでしょうね。 私も低層階派です。...
09日 10月 2016
夏に見つけた柿の木。 久し振りに間近で観察すると前回より倍ほど大きく膨らんだ柿の実が・・・、3個だけ!? 夏に観察した時には、沢山の小さな青い柿の実が付いていたのに。 足元には、少し変色し崩れた小さな柿が落ちてる。 小動物の仕業? それとも、柿の木の自己判断!? それにしては減らしすぎでしょう。...
03日 10月 2016
屋外コートを避けても・・・。 無風状態の晴れた日の屋内コートはサウナの様。 ベンチに座っているだけで額から汗がしたたり落ちる。 小まめな水分補給を怠るとジワジワと疲労が襲ってきます。 喉の渇きを感じた時にはすでに遅しと聞きます。 慌ててがぶ飲みしても、一時的に喉は潤っても疲労は軽減されることはない。...