22日 5月 2018
何事も、個人差はあれでも、長く続ければ少しずつでもスキルアップはしていくもの。 少年期には身体の成長が、このスキルアップにも大きく影響を及ぼす。 昨今、科学技術や情報インフラの発達により、幼少期からのトレーニング取組や少年期の成長が著しく、スポーツの世界は低年齢化が進んでいて、30歳を過ぎると引退ムード。...
15日 5月 2018
エレベーターに飛び乗ってきた女子高生。 肩に掛けてるバッグがテニスラケット用と気付き 少し小さな声で「硬式ですか!?」とお声がけ。 「すみません。軟式です」と 彼女は申し訳なさそうに小さく呟いた。 「是非、硬式に変更しましょう!」と言い掛けたけど ぐっとこらえました。 中学高校時代に軟式テニスに汗を流していた自分です。 軟式っ子も頑張れ!...
14日 5月 2018
プログラム内容 10時から1時間半はサーブの練習。 12時から2時間はシングルスオフ会。 14時半から2時間はダブルスオフ会。 17時10分から18時半はアカデミーレッスン。 ※昼食は時間が無くおにぎり1個。 ※水分補給は、トータルで500mlのスポーツドリンク2本と1Lの水1本。 1日で体重4キロ減。 見た目の体形は変わりませんが。 これからの時期には効果てきめんです。...
11日 5月 2018
ふと思い立ち、早朝6時半に屋外コートでひとりサーブ練習。 黙々とラケットを振っていると、過去にゴルフに必死になっていた頃を思い出した。 まさにゴルフ練習場の打ちっぱなし状態。 テニスを始める前は、土日の早朝や夕方には、ゴルフ練習場でブンブン振り回してたゴルフ馬鹿。...
08日 5月 2018
「自分の住んでいる地域で作った農畜産物や、伝統食を食べる」を提唱した地産地消。 その土地に適した食物を生産し消費することが、自分たちの健康とその土地に伝わる食文化を守るという意味が込められている。 流通が発達した現在では、様々な地域の食物が容易に手に入るようになり、豊かな食生活を送れる反面、食物に対する関心も失われつつある。...
20日 4月 2018
ジ~っと見詰めています。 時には下半身を中心的にとか。 それは、真後ろからだったり、真横からだったり。 はたまた、遠く網越しから目を凝らしたりだったりして。 最近は、動画撮影にも手を染めつつあります。 口頭やメールよりも、コメントを添えて動画を送りつける方が 間違いなくインパクトがあり、明らかに動揺を誘います。 自分では、気付かない悪い癖。...
16日 4月 2018
突然の雨で、屋外コートでのテニスを急遽切り上げホテルロビーに雨宿り。 夕方からのレッスンに備えて疲れた脚を揉んで時間をつぶす。 そこに、銀河の湯でリフレッシュしてきたテニス仲間(平たい顔族)が不意に現れる。 私がふくらはぎを揉んでいる姿をみるなり「目の前に足つぼマッサージがあるじゃないですか!」...
02日 4月 2018
今日から新年度の始まり。 桜が咲き誇るなか、あちらこちらで新しい船出の便りが聞こえてきます。 正月に引き続き、再度心を新たに今年の目標を掲げて1歩を踏み出した若者達。 初々しく羨ましい限りです。 オヤジ達は、心機一転と気持ちを引き締め会社の売上目標に時を刻みます。 辟易と闘いながらも逞しい限りです。 今年も残り8か月。...
22日 3月 2018
「アップしましょう!」ってお誘いしたら 私が目配せしながらお声がけした方の前に居られた方が 「ハイ、有難うございます!」 ※違うって言えないよね。 「頑張ってね!」って試合中のコート上の仲間に手を振ったら 手前側に居た対戦相手が振り返り「あっ、応援有難うございます!」 ※こちらも知り合いだったので、それはそれで違うって言えないよね。...
20日 3月 2018
3年半程前にテニススクールに入会し、最初のレッスンはフォアハンドとバックハンドの素振りから。 当時のレッスン同期生は、小学生の男の子と中学生女子と30代OL。※コーチからは「ファミリー」と呼ばれてた。 フォアハンドは、そこそこ打てるもののコントロールが不安定。 ところがバックハンドは、まったくもって面にちゃんと当たってくれない。...

さらに表示する